話すことから逃がれるため

水曜日, 10月 30th, 2013

ある日、ひどい発作に襲われた。あまりひどくて、人工呼吸班を呼ばなくてはならなかった。彼は人工呼吸器をつけられて、ベyトまで搬送された。そこで一つの考えが浮かんだ。この患者は、彼の現在の生き方について話すことから逃がれるために、この発作を選択しているのだ。次の発作では、人工呼吸器をつけていてもカウンセリングを続けようと決心した。彼は、自分の手を使ったり、うなずいたりしてこちらのコメントに応答することができる。次の発作は最もひどいものであった。人工呼吸器も、十分な酸素を送り込むことができないようであった。顔色は青ざめていた。人工呼吸班、研修医、そしてもちろん患者は、こちらが狂ったと思った。しかし彼らを無視して、カウンセリングを続けた。彼の表情がより一層必死になっているのが分かった。これがほぼ二十分続いた。彼は突然人工呼吸器を口と鼻からはずして、こちらに向かってどなった。「こんちくしよう。ほっといてくれ」「いや、あなたを一人にはしない。あなたにはカウンセリングが必要だ。あなたのことをあきらめたりしない。今のあなたは大丈夫のようだ。さあ、続けよう」実際、彼は大丈夫だった。

Leave a Reply