甘い行動を記憶の中で探す

金曜日, 11月 1st, 2013

カウンセリンクで自己選択理論を学ぶ機会があれば、数か月で十分であるはずだ。この理論は、問題は何か、将来により良い対処をするためにクライエントに何ができるかを説明してくれる。人間関係で大きな問題に直面すると、どう対処してよいか分からなくなる。本当に大勢の人がそうだった。私たちは過去にある種の解決を与えてくれた甘い行動を記憶の中で探す。ほとんどすべてのケースで、私たちはすぐに落ち込む。落ち込みは子供の頃に身につけ、慣れ親しんだ行動である。多くの人も、人生をコントロールできなくなったときに、ひどく落ち込んだと思う。しかし、落ち込みは効果的な行動ではない。人を傷つけ、活発さを奪ってしまう。それでいて、落ち込むことは、私たちの知っているどんなものよりも安心感を与えるものである。そうする理由が三つある。第一に、落ち込みと、喘息を含むその他すべての行動は、怒りを抑制する働きをしている。抑制されなければ、怒りは事態を悪化させるであろう。第二に、このような行動は、助けを求める精一杯の叫びでもある。多くの場合、良いカウンセリングは効果的である。

Leave a Reply