認めることは恰好悪い?

木曜日, 11月 7th, 2013

「言ってみて下さい、試しに。何かあるはずです」いつでもここは小さな難問である。彼は良いことを知っているが、それを認めることは恰好悪いと思っているのだろう。忍耐して、支援的に対処する。彼は何か思いつくだろう。彼女も考えている。彼が何を言いだすか、彼女がとても興味を持っていることが分かった。「分かりました。彼女のためにこれを言います。彼女は誠実です。彼女の姉さんが私のことを世間知らずというと、彼女は否定します。そうしてもらうとうれしいです。それ以上のことをもっとして欲しいと出います。ときどき言って欲しいと思います」彼女はこれが気に入ったが、まだ割り込んでくる。「もちろん、姉に対してはあなたの味方よ。姉のドジな亭主に比べたら、あなたは断然いいわ。でも、それを言ってほしいなら、あなたはもっと、もっと良くならなくっちゃ」「お願いしますよ。彼は自分の責任を果たしました。では、あなたの番です。今の結婚の良いところは何ですか。話して下さい。あなたにも何かを言っていただくことが重要です。時聞をかけていいですよ」

Leave a Reply