私にもう少し注意を向けてくれたら

土曜日, 11月 9th, 2013

彼女は何かを考えていた。しかし、口にするのが嫌なようだつた。それを言うことで、自分がもっと傷つくと思っているようだった。結婚について良いことを口にすることが、まるで悪いことのように見えた。しかし、彼女は口にしたいと思っていた。彼女が優しくなっているのが分かった。この質問は彼女の心に届いた。「私はまるで二人の男性と結婚したようです。大部分は、彼はミスターハイドのようです。私のすることを全部批判し、文句を言い、、」すかさず、さえぎった。「ミスターハイドのことは知っています。ドクタージキルのことを話してくれますか」「休暇で出かけるときです。三週間休みをとって。一緒に計画します。彼は偉大です。たいてい二週間は子供たちも一緒です。一週間は私たちだけで過ごします。でも、それが私をうんざりさせるのです。なぜ良いことはそれだけなの。一年にたった三週間の結婚生活なんて満足できませんわ。ハワイで過ごしてからもう八か月たっています」彼が口を切った。「おいおい、ハワイが良かったのは、君が買うものを見つけられなかったからだよ。買ったのはムームーだけ。それも一度も着なかった。君がやたら買い物をしなくなったら、僕たちカレンはとても仲良くやっていける」「休暇中に私に接するように、私にもう少し注意を向けてくれたら、私はそんなに物を買ったりしないわ」

Leave a Reply