人間関係を再点検

月曜日, 10月 28th, 2013

私たちの人間関係がすべて効果的にコントロールされているような生き方は困難である。通常は、いくつかの人間関係が満足のいくものであれば、大した違いはない。しかし、病気になったときは、すべての人間関係を再点検するのは良い考えである。自分が認める以上に、ある関係は、わだかまりがあるかもしれない。自分自身でもできるし、信頼する友人や家族の助けを得てすることもできる。時間の余裕があるなら医師の助けを得るのも良い。あるいは、良いカウンセラーの助けを受けるのがいちばん良い方法かもしれない。カウンセラーにどんなことができるかを例証するために、ある精神科医が関わった劇的な事件というのが参考になるようです。ある病院の心身症病棟での出来事です。過去十年、難治の喘息を患っていた四十歳の男性は、あらゆる薬を処方されていたが、本質的によくなっていなかった。彼の肺は損傷を受け、詰まり、免疫システムが彼の気管支を攻撃しているかのようだった。彼はほとんど呼吸ができない状態だった。話すのは困難で、しばしば発作が起こるので一過間に一、二回は呼吸器がつけられた。

Leave a Reply